紙素材を通じて「脱プラスチック」を推進

世界的な環境問題として、廃プラスチックによる海洋汚染が近年、深刻なテーマになっています。レジ袋やストローなど、私たちの生活に密着したプラスチック製品は便利な反面、廃棄されると容易に分解されないため、いつまでも環境にとどまって分散し、生態系に悪影響を及ぼす恐れがあります。

世界経済フォーラム年次総会での報告書によれば、年間少なくとも800万トンものプラスチックごみが海洋に流出し、このままだと2050年には海洋中のプラスチックの量が魚の量を上回るという恐るべき試算も発表されています。

人口1人当たりのプラスチック容器包装の廃棄量が米国に次いで多いとされる我が国にとって、プラスチックごみの削減と再利用の促進は待ったなしの課題であり、すでにレジ袋の有料化などの施策がスタートしています。

私たちパックウェルとしても包装材や緩衝材などを通じてプラスチックのメリットを生かした数々の製品をご紹介している以上、こうした時代の要請と無縁ではいられません。これまでにも、最終的に水と二酸化炭素に分解される「生分解性プラスチック」の採用など、環境への負荷を削減するとりくみを進めてきましたが、さらに一歩進めて「脱プラスチック」をキーワードとする製品群のご提案にも、より注力していきたいと考えています。

「脱プラスチック」という観点から私たちが注目したのはガムテープ、紙緩衝材などの「紙」を原料とした製品です。パックウェルの製品ラインナップから、下記のシリーズをピックアップしました。ぜひご活用をご検討ください。

放置すれば、私たち自身の生活や健康を脅かしかねない「プラスチック問題」。私たちはこれからも、より「地球にやさしい」持続可能な製品とサービスをご提供できるよう、アプローチを続けてまいります。

紙緩衝材システム NUEVOPAK 紙緩衝材システム NUEVOPAK 製品について詳しくはこちら
ガムテープ関連製品シリーズ ガムテープ関連製品シリーズ 製品について詳しくはこちら
クラフト外装袋システム

ロジスティクス業界の専門誌「LOGI-BIZ」で紹介されました

クラフト外装袋システム
PageUp